旅行・街歩き 日常・雑記・備忘録

新型コロナの影響でエアトリでとった航空券をキャンセルした話【備忘録】

年末年始に帰省した際に両親と旅行に行こうと話になり、4月上旬の台湾旅行の手配をいろいろ済ませたのがまだ記憶に新しいですね。1月にはそれほど深刻な状況にならないだろうと呑気なことを考えていた新型コロナウィルス感染症(COVID-19)も、2ヶ月経った3月の今、世界に感染が拡大し、各国が渡航制限や入国禁止措置をとる事態となるなんて誰が想像していたでしょうか。私は全くしていませんでした。

今回予定していた旅行では、関西-台北線の海外航空券とホテルエアトリで予約していました。結論としては、飛行機の欠航が3/17(火)に決定し、3/19(木)にエアトリからのメール連絡があり返金手続きが完了となりました。現在返金待ちの状態です。

このような特別な事態はなかなか起きるものではないと思うので、備忘録として記事に残したいと思います。

 

今回キャンセルした予約便について

今回予約した航空券は、エバー航空 台北-関西線 BR177 BR180でした。エアトリでの支払い詳細は3人分で下記のような感じです。

 

予約したのが1月のことです。少しずつ広がる新型コロナウイルスのニュースを見て、2月の中旬には「これ、行けるのか?」という不安を抱きつつも、インフルエンザみたいに落ち着いていくんでしょうと思っていました。私や両親も。ですが3月の頭には「健康や安全が優先、旅行はまた時間とお金を作れば行ける」という話になり、旅行を自粛することに。

この時点では欠航になっておらず取り消し手数料など掛かることはわかっていたので、とりあえず返金額を確認してみると、

3人でたったの1500円でした(笑)

すぐにキャンセル処理するメリットもなさそうなので、フライト前日までに欠航になることを願って、航空券はそのままにホテルだけキャンセル処理しました。

余談ですが、エバー航空の公式サイトでは特別措置として便の振り替え可能(予約したのは変更不可の便)というようなことが明記されていたので(英文だったので少し自信がありませんが)、一応エアトリのお問い合わせフォームから「振り替えしたい場合は何月何日の便まで可能か」という内容で問い合わせをしたのですが、3/19にエアトリから欠航によるキャンセルメールが来るまでの間に問い合わせに対する返事はありませんでした。出発が近い方優先での連絡しているようで4月上旬の出発だった私がこんな感じなので、もしまだ先の航空券をとっている方がいれば更に時間が掛かるかもしれませんね。

 

新型コロナ騒動におけるエアトリの対応

3月19日時点での新型コロナウィルスに対するエアトリの海外航空券対応ページを一応スクショしておきました。

感染拡大初期は、欠航した場合や各航空会社が出した特別措置に対応した払い戻し専用フォームが設置されているだけでしたが、入国制限が盛んになり始めた頃から各国線・各航空会社ごと少しずつ掲載されていくようになりました。私が予約してたのは日本-台湾線なので、"日本 → 台湾線運休情報"をクリックすると以下のようなところに飛びます。

全ての航空会社ではありませんが、上記のように詳細な情報を掲載してくださっています。見やすくて助かりますね。

(※後述しますが、情報は最新のものではなく更新にラグがありますので、エアトリが書いているように最新の情報は各航空会社のホームページで確認がベターです)

 

スポンサーリンク

 

欠航連絡からキャンセル手続き完了まで

3月17日(火)10:30頃、メールで予約便欠航の連絡が入りました。(メールはエアトリ予約時の代表者メールアドレスに amadeus.com のドメインアドレスで届きます)

エアトリが記載している対応によれば、このまま待っていればメールが届くはず。ですが、14時時点で上記のページを確認すると私が予約している便はまだ運航予定のまま情報が更新されていなかったため、念のために一度だけ払い戻し専用フォームから必要事項を送信しておきました。今は問い合わせが殺到しているでしょうし、出発までまだ時間があるのでとりあえずフォームからの連絡1回のみにしてあとは待つことに。

余談ですが、この翌日の18日(水)のお昼頃、上記のページを確認したらエバー航空の欄が消えていました。翌日には情報が更新されて戻っていたので安心しましたが、それまでは本当は欠航じゃなかったのかと不安になって何度もエバー航空の公式ホームページで確認しました(笑) なのでエアトリのページはあくまで参考程度にし、最新情報は航空会社ホームページや空港ホームページを確認しましょう。

更にその翌日の3/19(木)20:00、エアトリから「【エアトリ】ご予約便運休に伴う払戻しのご案内」という件名でメールが届きました。

案内の通り、エアトリのサイトに移動してマイページからキャンセル手続きを行います。

内訳はこうなります。航空券取扱手数料と支払手数料3人分(あと振り込みにて返金の場合は振り込み手数料)を除いて、航空券代と海外諸税代はほぼ全額が返ってくることとなります。案内に沿って返金先の口座情報などを入力し、内容に同意してキャンセル手続きを終えると、メールで「【エアトリ】海外航空券 キャンセル完了のお知らせ」が届きました。これでこちらから行うべき手続きが完了し、あとは振り込みを待つのみです。

欠航連絡が来てからこのキャンセル手続きまで2日半で終えることができました。もっと時間が掛かるかと思っていたので、すぐにキャンセルの連絡が来てひとまずホッとしました。

なお、取扱手数料や支払手数料が返金されないことには賛否両論あると思います。Twitterでもそういう意見はお見掛けしましたし、中にはそれらも返ってきたケースもあるとか?でも今回は旅行会社さんが悪い訳ではないし、購入時の規約にも書いていたので私は納得してお支払いします。予約時にはもちろんキャンセル時にも動いてくれる従業員さんがいることは確かですからね、少しでも頑張ってくれた現場の方に還元してもらえたらいいな。それに今回は航空券代は返ってこないと思っていたので返って来るだけラッキーです。次の旅行の資金にします(笑)

実は今回、初めてエアトリを利用しての航空券の購入でした。いつもはよく利用させてもらうANAをはじめ、各航空会社で直接とるのですが、滅多に使わない航空会社はエアトリでまとめようという考えでの初のエアトリ経由の予約だったのです。誰しも最初からキャンセルしようと思いながら予約する人はいないと思うので実際にキャンセルする場合のことはあまり想定しないと思いますが、今回は実際に返ってくる金額、返ってこない金額、手続きなど、初回からいい勉強になりました。また機会があれば利用したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
読んでいただき、ありがとうございました!
↑よかったらクリックをお願いします!↑

-旅行・街歩き, 日常・雑記・備忘録
-,

Copyright© くましろBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.