写真 日常・雑記・備忘録 海外旅行

【星空撮影レポ】ニュージーランド テカポ【12月】

ニュージーランドへ旅行した際の星空撮影レポです📷

一人旅で訪れた際に、星空が綺麗なことで有名なテカポに数日滞在しました。

この記事のツアー終了後に宿からすぐ出たところで撮影したので、備忘録も兼ねてレポートを残しておきます。

テカポ星空ツアー参加体験レポート【12月】

こんにちは。今回は、ニュージーランドで星空ツアーに参加したレポートを書きたいと思います。 ニュージーランドといえば、星空 ...

続きを見る

 

撮影状況

新月の数日後で、早朝に月が出て22時や23時には月が沈む日でした。

一晩目は曇りから少し回復して所々晴れ、二晩目は一晩目よりは晴れて雲がまばらに残る(所によっては大きく残る)様子でした。

風はややあり、雲がゆっくり流れて行くような感じです。

夏とはいえ、寒暖差が大きい南島なので夜はかなり冷えました。

 

写真レポ

一晩目:冬の大三角

まずは一晩目。星空ツアーの最中はほとんどの時間が曇っていましたが、終盤で少しずつ星が見え始めたので、戻ってそのまま宿の外で撮影を始めました。ドドド素人なりの撮影時の設定なども残していきます。

17mm(35mm換算=25mm) f値2.8 30秒 ISO2000

テカポ湖を望んだ北北東の方角へ。南の方角を撮りたかったのですが、そちらは雲が厚く撮れそうになかったため、私が知っている数少ないオリオン座(Orion)を撮るために北の方角を撮ることに。

目で見ると写真ほど雲は気にならなかったのですが、30秒シャッターを切っているので写真では雲の面積が大きくなっちゃいますね。

一部雲で隠れちゃってますが、左上にオリオン座があり、横に三つ星が並んでいるのが三ツ星、そのちょっと上に点々点と縦に写っているのがオリオン大星雲、その左上の明るい星がリゲル(Rigel)、リゲルから三ツ星の対角上にあるのがべテルギウス(Betelgeuse)です。

右上の明るい星がシリウス、写真真ん中の高さのやや右にある少し明るい星がプロキオン(Procyon)

シリウス、ベテルギウス、プロキオンで冬の大三角(Winter Triangle)ですね。南半球なので、日本で見るのと向きが逆で、オリオン座が左側に見えます。

 

17mm(35mm換算=25mm) f値2.8 30秒 ISO2000

少し誤差で北の方角の写真。

 

二晩目:南十字星

二晩目は方角によっては雲があったものの、南の方角は低いところ以外雲がなく晴れて美しい星空が見えてくれました。

撮影場所入りして月の入りを待って撮影……という訳でもなく、午後は近くのマウントジョンの山頂までダッシュで登山してくたくたで、月の入りの時刻までホテルで爆睡していました(笑)

窓から空が晴れているのを確認して、カメラと三脚を持って昨日と同じあたりの場所で撮影開始。

24mm(35mm換算=36mm) f値3.0 25秒 ISO1600

南の方角です。中央からやや右下にあるのが南十字星座なんですが、分かりますかね?

南十字座を探す時は、右にあるポインターと呼ばれる明るい星を目印に探します。2つの星を線を書くように結んで、そのまま約2倍くらいの長さに伸ばしたところに南十字座の十字架でいう天辺に当たるガクルックス(Gacrux)という星があります。

南十字座ってサザンクロス(Southern Cross)の名称でも聴き馴染みのある有名な星座なので、簡単に見つかるのかと思ったらこれがなかなか見つからないw

星が明るくない上に小さく、星空ツアーガイドさんも「グーして手を伸ばして、ちょうど拳くらいの大きさ」とおっしゃっていましたが、本当にその通り。写真で見ればなんとか分かりますが、実際にゆらゆら輝いているたくさんの星から探すのは一苦労です。

他に南十字座の右上にある黒いモヤはコールサック(Coalsack)という暗黒星雲で、肉眼でも見えました。写真左で輝く星の集団も目でよく見えました。イータカリーナ星雲(Eta Carinae Nebula)というようです。

いつも写真を撮ったのを機に星のことを調べるのですが、調べれば調べるほど情報が出てくるので調べる時間が長くなります……宇宙は奥が深すぎますね。

 

26mm(35mm換算=39mm) f値3.2 25秒 ISO1000

ピントが甘かったですが、衛星も写すことができました。

 

24mm(35mm換算=36mm) f値3.0 25秒 ISO1250

南南西の方角でテカポ橋と一緒に。

 

19mm(35mm換算=28mm) f値3.0 25秒 ISO1000

登山の疲れと旅の疲れ、寒さもあって30分ほど撮影して終了となりました。

 

写真では明るく加工していますが、月が出ていないテカポの空は本当に怖いくらいの真っ暗な空で、そんな中で美しく輝く星々は本当に神秘的でした。

今回の旅行の2年前に新婚旅行で訪れた際にほんの一瞬だけ雲間から覗いた星空に魅了されて、その時に死ぬまでにもう一度見たいと思ったのが懐かしいですね。ちなみにその旅行の際の記事はこちらになります。

新婚旅行でニュージーランドに行った話

こんにちは。今回は初めてニュージーランドに旅行しに行った時のことを書こうと思います。もう何年も前の話ですが個人的に思い出 ...

続きを見る

到着数日前の天気予報では滞在中は全て曇りか雨で、この旅行では星空は見れないかと思っていました。山岳地帯のテカポは天気が変わりやすいと聞いていましたが、本当にそうでしたね。こんなに早く叶ってよかったです。ちなみに翌日の出発日は朝から雨で、本当に紙一重でした。

 

ちなみにこちらの写真は、一晩目に参加した星空観測ツアー中に撮った大マゼラン雲(Large Magellanic Cloud)です。

雲がたくさん出ていましたが、なんとか写真に収まってくれました。よかったらツアーの記事もどうぞ。

テカポ星空ツアー参加体験レポート【12月】

こんにちは。今回は、ニュージーランドで星空ツアーに参加したレポートを書きたいと思います。 ニュージーランドといえば、星空 ...

続きを見る

 

今回の撮影機材

カメラ


Nikon D5100 

かれこれ8年くらい使ってます。いろんな旅行に連れ回しました。

昨年にはカメラをD5700に買い換えたので今はサブ機として使ってます。

 

レンズ



SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

大きくなく重くなく、広範囲をある程度捉えてくれるレンズで、お出かけでのとりあえずの一本として重宝しています。

 

三脚



SLIK カーボン三脚

3段の自由雲台の三脚です。クイックシューもついてて着脱も楽だし、自由雲台の方が自分的にはサッと画角の調整ができて好きです。

あと軽いので登山にも持っていけます。

 

 

今は新型コロナの影響でお出かけできませんが、また落ち着いたら星空撮影したいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
読んでいただき、ありがとうございました!
↑よかったらクリックをお願いします!↑

-写真, 日常・雑記・備忘録, 海外旅行
-, , , ,

Copyright© くましろBlog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.